暗号通貨の基礎知識

近年ビットコインを中心とした暗号通貨が大きな話題を呼んでいますよね。
実際、世の中には多くの暗号通貨が誕生しています。
ではこの暗号通貨とはどういったものなのでしょうか。
それはインターネット上で使うことができる通貨でその呼び方は「暗号通貨」や「仮想通貨」「デジタル通貨」などとも呼ばれています。
暗号通貨の特徴はインターネットを利用するため、決済のための通信環境があれば世界中どこにいても使うことができます。
通常は通貨というと、日本で言えば日本銀行が発行する日本銀行券のように中央管理機関が価値を保証した、決済のための価値交換媒体です。
これに対して暗号通貨は管理する中央機関がなくお金のやり取りができる新たな仕組みということになります。
暗号通貨はビットコインを例にとると管理する中央機関が存在せず、P2Pという技術を用いて通貨を低コストで送金することができます。その際に安全に送金できるようブロックチェーンというIT技術を用いてその記録を厳重に管理して運用されています。

暗号通貨とは?

世界初の暗号通貨であるビットコインは、2008年「サトシ・ナカモト」の名前で発表された論文で初めて紹介され、2009年にBitcoin-Qtという最初のオープンソースクライアント(ウォレットアプリケーション)がリリースされ、最初のビットコインが発行されました。「サトシ・ナカモト」は日本人のような名前ですが実在する人物かどうかは不明とされています。
ビットコインの取引が行われて2010年2月にビットコインの両替ができる取引所が初めて開設されました。その後ビットコインが徐々に広まっていくことになり現在に至ります。
ビットコインは世界中の暗号通貨取引所で購入することが可能で、日本では2017年4月に改正資金決済法により暗号通貨に関する規制を設けて適切に取引ができるよう環境が整えられています。

暗号通貨の三つの特徴

1.暗号通貨は管理者が不在
ビットコインなど暗号通貨の一般的な特徴として発行量を管理する主体がいないことが挙げられます。
暗号通貨はプログラムによって一定時間あたりの発行量が決まっています。国が発行する法定通貨と比較すると国が経済危機に陥った場合、法定通貨は暴落したり預金封鎖になってしまうことがあります。近年では2013年にキプロスの預金封鎖が記憶に新しいところです。
国の都合でこのような事態になってしまうのは預金者にとっては死活問題となります。
暗号通貨は発行主体の都合で価値が暴落することはありませんし、発行主体が存在しないためそのようなことが起こらないのです。また突然通貨が引き出せなくなる危険性が低いのが特徴です。
主体が存在しないため人的コストがかからず、運用負担が抑えられると言うメリットもあります。
通常通貨は中央銀行などにより管理されていますが暗号通貨は暗号通貨保持者が少しずつ運営資金を補完する仕組みが取られています。

2.暗号通貨は送金が安く、素早く出来る
次の特徴として暗号通貨は送金の手数料が安く、素早くできることが挙げられます。
通常の銀行であれば、送金のためには手数料がかかりますよね?
海外に送金ともなると1回あたりの手数料は5000円以上もかかると言われています。しかも、送金時に審査があり場合によっては10日ほどもかかることがあります。
通常の銀行に反して暗号通貨は相手のウォレットにダイレクトで送金することができるため送金手数料も安く海外送金のような時間はかかりません。
また暗号通貨でショッピングをする場合クレジットカードや電子マネーなどの使用手数料よりも安く利用できることもあることが利点です。

3.暗号通貨は偽造されない
日本のような先進国で高度な造幣印刷技術や紙幣の判別システムが伴わない国では偽札による経済破壊が懸念されています。
暗号通貨の場合は取引は分散管理された世界中にあるコンピューターで保存され、偽造や二重払いなどの防止が厳重にプログラムで管理されています。

暗号通貨の種類

一言で暗号通貨といっても世界中には1000種類以上もあると言われています。
その中で日本国内で人気となっているものをいくつかご紹介します。

Bitcoin(ビットコイン)
・世界初の暗号通貨
・2010年から2017年まで約250万倍に高騰
Ethereum(イーサリアム)
・スマートコントラクト技術を採用
・2017年だけで約40倍に高騰
BitcoinCash(ビットコインキャッシュ)
・2017年8月1日にビットコインから分派
・ビットコイン8倍のブロックサイズ
・ビットコインの送金問題を解決
Ripple(リップル)
・出資企業にGoogleが参加
・2017年だけで55倍まで高騰
NEM(ネム)
・開発者の1人が日本人で注目
・2017年には100倍以上高騰
Litecoin(ライトコイン)
・ビットコイン暴落時に高騰し成長
・「第2のビットコイン」と目される
・2015年から価格は約40倍まで高騰
DASH(ダッシュ)
・トランザクション形式を採用し送金追跡不可能
・ビットコインの10倍の速度で取引可能で送金時間は4秒
・1年間で40倍以上高騰
Monero(モネロ)
・匿名性に優れた暗号通貨
・ブロックサイズに制限がなく、スケーラビリティ(性能・容量の問題)が起きにくい
・1年間で100倍以上高騰
EtherClassic(イーサリアムクラシック)
・DAO事件によりイーサリアムから分派
・イーサリアムと同等の性能を持つ暗号通貨取引
・1年間で20倍高騰
Lisk(リスク)
・サイドチェーン採用のDapps構築プラットフォーム
・ネットワークの拡張性や開発の柔軟性が高く、処理速度も速い
・6ヶ月間で20倍以上高騰
Zcash(ジーキャッシュ)
・「ゼロ知識証明」採用で、匿名性が高い
・JPモルガンとの提携により価値が高騰
・6ヶ月間で5倍以上高騰
MONAcoin(モナコイン)
・日本初の暗号通貨
・bitFlyerが取引開始
・1年で約100倍高騰
Factom(ファクトム)
・電子データの記録・管理を第三者の存在なしに、ブロックチェーン上で管理
・1年間で100倍以上高騰

暗号通貨の入手方法

語学が堪能な方であれば信用のおける海外サイトからの暗号通貨の取引口座を開くことは簡単かもしれませんが、多くの場合取引口座を開設するために苦労が伴うことも多いでしょう。そのような場合は日本企業が運営している取引所を利用する方が安全と言えるかもしれません。
2017年4月から改正資金決済法により取引所の運営に関する規則ができたため、日本企業が運営している取引所では、顧客が持つ暗号通貨と自社が持つ資産を分けて管理するなどして利用者が不利益を被らないようルールが整備されているため安心です。

代表的な日本国内の暗号通貨取引所

bitFlyer(ビットフライヤー)
国内最大手のbitFlyerは、取引所を選定する第一候補になるかもしれません。
bitFlyerは数多くの大手企業が出資しており、SMBCベンチャーキャピタル、みずほキャピタル、第一生命保険、三菱UFJキャピタル、三井住友海上キャピタル、リクルート、電通デジタルホールディングス、SBIインベストメント、GMOVenturePartners、QUICK、ベンチャーラボインベストメントなどから出資を受けています。
暗号通貨はパスワードをハッキングされると暗号通貨がすべて盗まれてしまう可能性があります。自分自身でもパスワードが盗まれないように気をつけることは重要ですが取引所のセキュリティが万全であれば安心感は増しますよね?
その点bitFlyerは信用のおけるセキュリティ体制があると評判です。
主な取り扱い暗号通貨は
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
イーサリアムクラシック(Ethereumclassic/ETC)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
モナコイン(MonaCoin/MONA)
となります。


Zaif(ザイフ)
主な取り扱い暗号通貨は
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
ネム(NEM/XEM)
モナコイン(MonaCoin/MONA)

トークン
pepecash
ZAIF
XCP
BCY
SJCX
FSCC
CICC
NCXC
となります。