大相撲の魅力

大相撲の本場所は通年、奇数月の1月、3月、5月、6月、7月、9月、11月の第2日曜~第4日曜の15日間連続で開催され年間に6回行われています。本場所以外の月は地方巡業で、部屋稽古や地方合宿などをメインに奉納大相撲などが全国で興行されます。本場所以外は稽古だけと思っている方が多いかもしれませんが力士は1年を通してほとんど休みがありません。
本場所と本場所の間に行われる、地方巡業や奉納相撲、引退相撲や親善相撲は「花相撲」と呼ぶこともあります。力士が相撲の禁じ手を面白おかしく演じる「初切」や「相撲甚句」、髪結いや横綱の綱締め実演などが楽しめるところが、本場所とは違った大相撲の魅力を味わえます。
本場所では、十両以上は1日1番で幕内力士優勝者1人、十両優勝者1人、幕下以下は2日に1番の取組が行われ幕下優勝者1人、三段目優勝者1人、序二段優勝者1人、序ノ口優勝者1人と各段で計6人の優勝力士を決めます。テレビの本場所の大相撲中継では幕内力士を中心に放送されていますが、最格下の序の口の取り組みは朝の8時35分ころから始まります。
大相撲の最大の魅力は何と言っても、巨漢同士のぶつかり合いの迫力に感動を覚える方が多く、生で観戦した人の多くはその臨場感に魅了されることですね。
また、人気の高い本場所以外での地方巡業の際に大相撲を目の当たりに観戦してファンになる方も少なくありません。
場所前に前回の本場所の成績により番付が決まり、番付表が発表されます。お気に入りの力士の番付が上がったり下がったりと一喜一憂するのもファンの楽しみの一つでもあります。
本場所のチケットの一般購入はまずは、購入予約を行い抽選で選ばれた方にチケット購入の権利が与えられますが、抽選倍率が非常に高く人気となっていて一般入手は大変困難なのが現状です。

大相撲の結果の速報を手早く確認する方法

大相撲ファンにとってお気に入りの力士の対戦結果は大変気になりますよね。仕事や所用でどうしてもリアルタイムの情報が入手できないとは結果が知りたくてやきもきするものです。録画でじっくり取り組み内容を見たい方は別として、結果を早く知りたい場合はインターネットで調べることが一番手っ取り早く結果をすることができるでしょう。「大相撲 結果」と検索すればスマートホンなどでも確認できます。
大相撲速報を知りたいときに特に活用したいのは、ヤフーの「スポーツナビ(スポナビ)」などの無料でダウンロードできるアプリが代表格で大相撲などのお好きなスポーツ速報が確認できます。※一部のコンテンツは有料となります。また、大相撲公式サイトも活用すれば速報が確認できます。

2018年本場所の開催地と初日開催日

開催月 正式名称 会場 初日
1月 一月場所 国技館 平成30年1月14日(日)
3月 三月場所 大阪府立体育会館 平成30年3月11日(日)
5月 五月場所 国技館 平成30年5月13日(日)
7月 七月場所 愛知県体育館 平成30年7月8日(日)
9月 九月場所 国技館 平成30年9月9日(日)
11月 十一月場所 福岡国際センター 平成30年11月11日(日)

大相撲のチケット入手先

本場所のチケットを入手するには
【チケットぴあ】 http://pia.jp/t/sumo/
【ローソンチケット】 http://l-tike.com/
【セブン-イレブン】各店舗にて24時間購入可能 桝席Pコード:597-990 椅子席Pコード:597-991
【相撲案内所】 http://www.kokugikan.co.jp/
【e+ イープラス】 http://eplus.jp/sumo/
【CNプレイガイド】 http://www.cnplayguide.com/
【JTBエンタメチケット】 http://www.jtb.co.jp/ticket/
【チケットぴあ】 0570-02-9999 マス席Pコード:597-181 イス席Pコード:597-180
【相撲案内所】 03-3622-3300
【ローソンチケット】 0570-084-003 マス・イス共通Lコード:33249
【CNプレイガイド】 0570-08-9999
【JTBエンタメチケットデスク】 0570-030311(10:00〜18:00)
などで購入予約を行い、抽選で選ばれた方にチケット購入の権利が与えられた後に申し込みを行います。
本場所以外の地方各地で行われる巡業のチケットも上記の販売場所で購入できます。

大相撲の当日券

当日券の販売については、大相撲協会の公式サイトによると、
・取組日当日のみ、午前8:00より国技館切符売場にて販売。
・数に限りがあるので、売切れ次第、販売を終了。
・大人2,200円、小人(4歳~15歳)200円。※4歳未満のお子様でも、お席が必要であればチケットが必要。
・当日自由席は現金払いのみで、カードは使えません。
・原則、お一人様1枚の購入となります。混雑時には整理券が配布されます。
ということになっています。
当日券は平日の方が土日祝より若干購入できるチャンスがありますが、朝早くから並ぶ必要があります。

大相撲本場所の席別料金(両国開催時)

大相撲観戦では席によって値段がかわります。席には大きく分けて「溜席(通称砂かぶり)」、「桝席」、「椅子席」とあります。
「溜席(たまりせき)」とは、土俵に一番近い席のことで、観戦には迫力満点ですが、注意事項がいくつかあります。
それは、飲食禁止と携帯電話・カメラの使用は認められていません。また力士が落ちてきた時に怪我をしても自己責任です。このため体が不自由な方は座れないように協会側から配慮されています。
「桝席(ますせき)」とは枠でます形(四角形)に区切られた席で、「溜席」の次に土俵に近い席で桝席A・B・Cと土俵から離れていきます。基本的に1つの桝席で4人までが座れます。
「椅子席」は椅子に座って大相撲観戦できる席です。「椅子席」は「桝席」よりも後ろに設置されていて、両国国技館の場合は2階の席になり椅子席の最後方の一部が自由席で当日券で観戦できる場所になります。
席種 料金(税込) 人数
1階 溜席 14,800円(1人あたり) 1人用
マスA席 11,700円(1人あたり) 1~4人用
マスB席 10,600円(1人あたり) 1~6人用
37,200円(1桝あたり) 6人用マスB席
マスC席 9,500円(1人あたり) 1~4人用
6人用
38,000円(1桝あたり) 4人用
19,000円(1桝あたり) 2人用
31,200円(1桝あたり) 6人用マスC席
2階 イスA席 8,500円 1人用
イスB席 5,100円
15,600円(1組あたり) 4人用イスB席
イスC席 3,800円 1人用
自由席 (14列目) 2,200円(大人)
200円(4才〜15才)

大相撲の格付け

大相撲の格付けは東西方に別れて最高位が横綱、ついで大関、関脇、小結、前頭、十両までが関取といわれています。
幕下以下の力士は取的(力士養成員)といいます。
関取 横綱 幕内
大関 三役
関脇
小結
前頭 平幕
十両
取的 幕下
三段目
序二段
序ノ口