腰痛とは

腰痛は、厚生労働省の平成25年国民生活基礎調査によると男性では一番目、女性でも肩こりに次いで二番目に訴えの多い症状です。

原因

腰痛の原因は、腰痛のうち原因が特定できるものはわずか1割程度といわれています。腰椎が直接障害される圧迫骨折、椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄などで、感染症やがん、臓器や血管などの病気が原因となることもあります。

原因が特定できない腰痛

画像検査などで腰痛の原因がはっきりと特定できない場合は、以下のような影響が関係していることも考えられています。

腰痛が慢性化する原因

慢性の腰痛は、筋肉の炎症の痛みと神経の痛み、ストレス性要因などが複雑に合わさった状態です。
腰痛によって身体を動かさないでいると、それが精神的ストレスとなります。精神的ストレスが続くと、痛みを抑制する脳のシステムが機能しなくなって神

症状

腰痛の症状は、腰痛の原因はさまざまで、原因に応じて腰の痛みも異なります。腰痛で医師に相談するときには、できる限り具体的に症状を伝えることが大切です。

治療法

腰痛は、整形外科を受診し、重大な病気がないことを確認することが第一です。

予防・改善

腰痛症の予防には、腰回りの筋肉を柔らかくしておくことが必要です。
自分にあった改善のためのストレッチをみつけるように色々試してみるといいですね。