オープンキャンパスとは

オープンキャンパスとは、大学、専門学校、高等学校などの学校法人がその学校へ入学を希望・考慮している人に対して、施設内を公開したり、学校への関心を深めてもらうために、入学促進イベントの一種として開催しています。大学以外では「体験入学」や「オープンスクール」というイベント名として開催されることもあります。
また、オープンカレッジというイベントは、学生以外の一般の人の生涯学習を目的にして大学や専門学校がが行う専門の講座のことを指す場合もあります。
オープンキャンパスが行われるイベントとして主なものは、総長・学長など大学のトップや学部のトップの講演、在学生や教職員による大学施設の見学ツアーや学部などの説明、模擬授業、その大学で学べる学問内容、取得可能資格、入試制度、大学生活などについての個別相談・質問受け付け、大学案内や試験要綱などの資料の配布、大学図書館の公開などがよく行われています。
一部の私立大学ではオープンキャンパス実施日に最寄り駅や周辺の主要都市からキャンパスへの無料送迎バスの運行や遠隔都市からの交通費の助成、学食体験のための無料飲食券の配布、スタンプラリーを行い、学内隅々を見た参加者に対する記念品の配布や抽選会など、アンケートや記念品の配布や抽選会、ブラスバンド部やチアリーダー部、実演もよく見受けられます。
専門学校のオープンキャンパスは主に体験入学や体験講座などを交えたイベントが多く、大学生・短大生・フリーター・社会人・高校生の方を対象に進学に対する相談に学校説明会、 学費や就職などについて相談なども行なっています。友達や保護者を交えて参加できるところも多いです。
オープンキャンパスでは、大学、専門学校の案内やホームページを見ているだけでは得ることのできない情報や雰囲気を知ることができます。 オープンキャンパスに参加し、志望学校に対する「具体的なイメージ」を持つことは、受験勉強や希望する就職にアプローチするためのモチベーションアップにもつながります。



オープンキャンパスの日程

オープンキャンパスの日程は大学では高校生の夏休み期間となる8月開催が多く、専門学校は学校を卒業して5月開催が多くなっています。
数多くある大学・短期大学・専門学校などのオープンキャンパスの日程は次のサイトで調べることができます。
全国の教育機関のオープンキャンパスについて、学校名、日程、所在地、学問系統などから検索できます。気になる学校のオープンキャンパスを調べて、参加してみましょう。
オープンキャンパス一覧(大学・短期大学・専門学校)|マイナビ進学
https://shingaku.mynavi.jp/search/event/

オープンキャンパス情報|志望校検索|Kei-Net
http://www.keinet.ne.jp/open/

オープンキャンパス検索|Benesse マナビジョン
https://manabi.benesse.ne.jp/ops/gutapp/OpenCampusSearchViewAction.do
※開催日時・場所などの情報は調査時のものです。変更の可能性もありますので、各教育機関公式ホームページなどでご確認の上、ご参加ください。



オープンキャンパスの服装について

初めてのオープンキャンパス参加だと、みんながどんな服装で来ているのか分からないため、また、志望校になるかと思うと、先生方の印象が気になって、服装に迷ったり、不安になることも多いかと思います。
ではどのような服装がオープンキャンパスに適しているのかお伝えしたいと思います。
公立・私立・大学・専門学校など、学校に関係なく、制服でも私服でも基本的には大丈夫です。
ただし、先生方は、どんな高校生が自分たちの学校に興味をもって来てくれたか見ているので、印象が悪くなるような、派手すぎる服装や不快感を与える服装は控えた方が無難です。ただ、服飾関係などのファッション系やデザイン系の学校の場合は個性的な服装でも概ね許容する学校が多いようです。
AO入試や推薦入試を考えていて、先生と直接話す予定がある場合は、制服がオススメ。
調理や美容の実習で着替えたり、実技体験をするなら、着替えやすく汚れてもいい服装が適しています。

オープンキャンパスの持ち物について

先生方や先輩方の説明とアドバイスはもちろん、自分が気になったポイントや感想をしっかり書きとめておくために、筆記用具とメモ帳は必須です。
お小遣いを少し多めに持って行って、学食で食事をしてみると、学生生活を体験できていいかもしれません。
オープンキャンパスの季節は暑いことも多いので、歩き回って汗をかいたときに水分補給ができるよう、飲み物を持参するなど、体調管理の対策も忘れずにしたいところです。
オープンキャンパスでは資料やパンフレットなどを用意しているため A 4サイズが入るバックを準備しましょう。
全てスマートフォンにメモをするから筆記用具はいらないと思うかもしれませんが資料に書き込んだりつを記入したり重要な部分をメモしたりと、使いどころはたくさんあります。そのため筆記用具は用意しておいた方が良いでしょう。
特に模擬授業を受講する時には必ずノートを用意しましょう。
可能であればスマートフォンやデジカメで写真を撮っておきたいところです。撮影する場合はスタッフに一言断ってから撮るようにしましょう。