タクシーを呼ぶ場合、電話をかけて呼ぶというのが一般的なイメージかと思われますが、最近ではインターネットを使ったタクシーの予約ができるタクシー会社も増えてきています。インターネットでの予約は電話でタクシー配車する方法にないメリットがあります。
インターネットを使ってリアルタイムに配車の予約を行えます。携帯電話のGPS機能を使って自分の所在地を正確に伝えたり、ネットならではの予約方法もあります。即時に配車予約が成立するので、今すぐタクシーが必要という時に有効な予約方法です。
WEBサイトの予約フォームなどから、タクシー会社の配車担当者に事前に予約のメールを送る方法もあります。通常のタクシーの予約以外にも大人数対応の車両を使った観光タクシーや、車椅子のまま乗車できる福祉車両の予約などにも、多く使われている方法です。車両が空いていない場合が想定されるため急な予約には対応できない場合があるため数日ほどの余裕をもってタクシーを予約しておきたい時に有効な予約方法です。



タクシー料金のシミュレーション

タクシーを利用する時に気になるのがやはり乗車料金ではないでしょうか。
そんな時に利用したいのがタクシー料金のシミュレーションを簡単に知ることができるタクシーアプリやタクシー利用のためのウェブサイトを利用するのがおすすめです。
タクシー料金のシミュレーションは出発地と到着地を入力するとおおよその運賃が表示される便利なものです。実際の料金は道路混雑の状況や天候などによって、料金が変化することもありますので注意しましょう。

タクシー料金検索を使って料金を調べる

タクシー料金検索ができるサイトやスマーフォンアプリでは、有料道路、深夜割増にも対応していて二人から四人乗車時の割り勘料金も一目でわかるようになっています。料金を確認した直後に、あらかじめタクシーアプリをインストールしておけばインターネットを使用したオンラインで予約することができます。

タクシー料金検索ができるサイト
NAVITIME https://www.navitime.co.jp/taxi/
全国タクシー https://japantaxi.jp/charge-search/
taxisite https://www.taxisite.com/far/

タクシーアプリ

待ち合わせ時間に遅れそうになった時や終電を逃してしまったり、土砂降りなどの突然の悪天候に見舞われて、タクシーを利用する必要性に迫られる場合に準備しておくと安心なのが、タクシーアプリです。
タクシーアプリによっては支払い方法、提携先のタクシー会社が違う場合があります。また、日本全国に対応したものから一部を覗く地域や一部の限定的な地域のみ対応している場合などの違いがあります。
また、電話で送迎を依頼する時と同じで、タクシー会社によって送迎料金がかかる場合があります。だいたい300円から400円程度が平均的な目安です。

全国タクシー 日本全国対応、乗車するタクシー会社の支払い方法に準じる
タクシーチャンピオン 日本全国対応、乗車するタクシー会社の支払い方法に準じる
LINE TAXI 31都府県、クレジットカード登録必要
他にもタクシー会社独自のアプリを配信している場合もあります。
例えばエコタクシーは関東格安料金(初乗り300円、迎車料金290円、深夜割増無し、長距離3段階割引)で利用できるタクシー会社ですが、「全国タクシー」などの全国対応のスマートフォンアプリとは提携していません。
可能であればご利用地域の格安料金のタクシー会社を調べてみるとお得な料金でタクシーに乗車できる会社を見つけられるかもしれません。



走行時間とタクシー料金について

タクシー料金はタクシー会社によって料金設定が異なりますが、基本的には走行距離と走行時間によって決定されます。初乗り料金は多くの場合は2キロまでが多く、東京では初乗り1.052km410円で、237メートルごとに80円加算されるタクシー会社が主流です。
また、交通渋滞で止まっていても料金はアップしていくため同じ距離でも15分かかった時より、10分かかった時のほうが割安です。深夜料金あるいは夜間料金は割り増しになるタクシー会社がほとんです。